巻物

脱毛

脱毛の種類と効果

脱毛の種類と効果について説明します。

ホーム

ムダ毛の自己処理から解放されるためには

ムダ毛に悩まされたくない方に

ムダ毛を自分で処理し続けるのは大変です。

仕上がりもよくないため、手間を省いてきれいに処理したいという方は、サロンやクリニックに通って施術を受けるのを検討することが多いです。

その際、どうせ通うのであれば、ゆくゆくは自己処理が一切必要なくなるようにしたいと考える方も多いのではないでしょうか。

数ある施術の中で永久脱毛かそれに近しい効果が見込めるものとしては、ニードル、レーザー、フラッシュという3種類の脱毛施術が挙げられます。

痛みに耐えつつじっくり確実にムダ毛を減らす

ニードルによる施術では、毛穴に刺した針を介して弱い電流を流して毛乳頭を破壊していきます。

毛を1本1本丁寧に処理していくので、処理した後の毛穴からはもう毛が生えてくる心配はないという確実性が魅力の施術です。

ただ、針を毛穴に刺す際にチクッとしたり、電流を流す際に熱さを感じたりして施術に痛みを伴うことや、全身の毛を処理しきるまでに時間がかかるのが玉にきずとなっています。

痛みに耐えることが得意で気長な方に向いた施術だといえるでしょう。

広範囲の毛根を一気に破壊していくなら

レーザー脱毛は、肌にレーザーを照射して毛母細胞や毛乳頭を破壊する施術です。

肌にレーザーを当てるのは痛そうだと感じるかもしれません。

しかし、レーザーは黒い色素にだけ反応するものであり、強い熱が加わるのは基本的に毛の部分だけとなるので、実際には少しピリッとした痛みを感じる程度です。

もしも、日焼けをし過ぎていて肌にもレーザーが反応してしまいそうな場合には、事前のカウンセリングで施術を断られることになりますから、ご安心ください。

優しさ重視ならフラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛も、肌に照射して毛母細胞・毛乳頭にダメージを加えるという点ではレーザーを用いた施術と同じです。

ただ、照射するのが、レーザーではなくフラッシュとなります。

照射のレベルが低めに設定されているため、毛母細胞や毛乳頭を破壊し切るところまでいかず、厳密な意味での永久脱毛効果は見込めません。

ですが、施術を繰り返すうちにほとんど自己処理が必要ないレベルにまで至ることは可能です。

また、痛みが少なく安全性が高いのも魅力です。

種類を知って自分に適した脱毛をしよう

脱毛を希望する女性は多い

多くの女性が脱毛を希望しています。

その理由はさまざまあり、生まれつき毛深いために恥ずかしいから、煩わしいからといった事もあれば、薄着の季節になって手足の露出の機会が増えたので、人目に素肌を出す時に毛の処理が気になる他、水着や着物、ウェディングドレスを着るから等様々です。

また、施術を行いたい箇所も個人によって変わってきます。

手足の他脇やビキニライン、背中や襟足などです。

それに加えて、脱毛にはその方法や種類も沢山あります。

施術を希望する時には、自分に一番合った種類の方法を選ぶ事が大切です。

家庭でもできる手軽な脱毛法

一番手軽に家庭でもできるリーズナブルな方法がカミソリや毛抜き、脱毛クリームによる処理です。

お風呂場で体を洗うついでに剃ったり、剃った後の剃り残しや、指の間などの比較的少ない個所を毛抜きで抜いたり、ドラッグストアなどでクリームを購入して使用し、脱毛する方法です。

費用があまりかからない事、思いつけばいつでも行える手軽さがある事、カミソリも手動の物から、電動で泡が必要なくできるものもある事などのメリットがあります。

反対に、処理をしてもまたすぐに生えてくるので、繰り返し処理する必要がある事、カミソリや毛抜きは怪我をしたり肌を傷める危険性がある事、クリームは肌が弱い人は使えないといったデメリットがあります。

機器を使った脱毛法

次に、家庭用の専用の機器やワックスを利用した脱毛の種類です。

家庭用専用機器は、エステで実際に使用されているレーザー式やフラッシュ式、サーミコン式の物があります。

傷みもほとんどなく、自分で好きな時に処理を行う事ができますが、やはりエステの物に比べると性能は劣ってしまいます。

ワックスもエステやサロンの他にも家庭でも行う事ができます。

綺麗に処理できますが痛みを伴うのがデメリットです。

エステサロンや医療機関での脱毛

最後に、エステサロンや医療機関での処理を行う方法です。

方法はレーザーや光の射出、ニードルによる方法を採用しているところがほとんどです。

全身のどの箇所でも処理を行う事ができ、医療行為になるため安心して施術が受けられ、傷みもありません。

また半永久的に効果が持続するため、やはり一度は受けてみたいと考えている女性も多いです。

けれども、やはりどうしても費用は高くなりがちです。

しかし、半永久的に効果が持続するという事や、痛みのなさ、安全性を考えるとそう高い買い物ではありません。

どのサロンや医院を選ぶかは、口コミサイトなどを参考にすると良いでしょう。

脱毛の種類とメリット

目的やニーズに応じて種類を選ぶ

そろそろ自己処理を卒業して専門のサロンでプロによる脱毛を始めたいという場合、いったいどこのサロンを利用すればいいのでしょうか。

テレビCMや雑誌、インターネットに電車の中吊りなど様々なところで脱毛サロンの広告を見かけるため、決めかねている方も多いことでしょう。

サロン選びでまず確認したいのは料金やサービスはもとより、どのような方法で行うのかという脱毛の種類です。

大きく分けると3つの特徴の異なる種類がありますから、それぞれのメリットとデメリットをよく理解して、ご自身のお肌や目的、仕上がりまでの期間や予算に合った種類を選ぶようにしましょう。

ニードル法は永久脱毛に近い効果が得られる

ニードル法を提供しているサロンは最近少なくなりましたが、かつては最も一般的だった方法です。

毛根を1本1本、金属の針を使って根本から処理するので半永久的な脱毛効果が期待できます。

もっとも、1本1本確実に処理をするため時間がかかり、短時間で済ませたい忙しい現代人のニーズに見合わなくなっていることから、提供するサロンが少なくなってきています。

刺激も強いことからお肌によっては炎症を起こしたり、施術後しばらく赤みが残ることがあるので、ブライダルなどを間近に控えた方には向きません。

光フォトは肌への負担が少なくスピードが速い

これに対して数が増えているサロン脱毛といえば、光またはフォトの名称で知られる方法です。

特殊な光を照射する方法で、一度に広範囲の処理が可能なうえ、肌への負担も少ないため、お肌が敏感な方でも比較的気軽に受けやすいので人気が高まっています。

レーザーはドクターから受けられて安心

レーザーは光フォトと同じく特殊な光を照射する方法ですが、光フォトより威力が強く、皮膚科医などのドクターしか施術ができません。

レーザー機器は医療機器に該当し、メディカルエステや美容皮膚科、美容整形外科などのクリニックのみで受けることができます。

光フォトに比べると肌への刺激が強いですが、お肌の専門家であるドクターが肌状態の診断やアフターフォローをしてくれるので、比較的安心して受けられます。

手裏剣


Copyright (C) 2014 脱毛の種類と効果 All Rights Reserved.
巻物の端